Today

2018年11月15日 木曜日

  • 旧暦 10月8日

『かなす ウチナー』『かなす ミャーク』『かなす ヤイマ』『ハイサイ!沖縄』

●『かなす ウチナー』
日本コロムビア COCJ-40464 2,400円(税別) 8/8発売
ノロの祈願の唱え(大宜味村)/雨乞いクェーナ(津堅島)/国頭さばくい(名護町城)/路次楽(今帰仁村湧川)/七月エイサー(大宣味村喜如嘉)/打花鼓(中城村伊集)/早口説(美里村泡瀬)/谷茶前(那覇)/加那よー天川(那覇)/あっちゃめー小(那覇)/唐船どーい(那覇)/東方さーよ(那覇)/うりじんクェーナ(那覇市首里金城町)/しち踊(上本部村具志堅)/臼太鼓(津堅島)/山原樫木節(東風平村富盛)/御知行(美里村泡瀬)/木宝蔵(伊江島)/海ぬちんぼーら(伊江島)/〈子守唄〉とーとー前〜母が〜一ち二ち読みば(大宜味村喜如嘉)/〈わらべ唄〉まいまいぬいぬい〜石んけーぢ〜上ち登りば〜大雨〜三良まーら〜なんらーしもーちゃが(今帰仁村)/〈わらべ唄〉むぬういねー〜明日正月どー〜伊江はっちゃーが〜那覇ぬ毬や〜ひなんなんなん(大宜味村喜如嘉)/子守唄(伊江島)/かぎやで風節(沖縄本島)/上り口説(沖縄本島)/死者送別のウムイ(勝連村平安名)/〈ボーナストラック〉RUJIGAKU×TAHFAHKU Remixed by harikuyamaku

●『かなす ミャーク』
日本コロムビア COCJ-40465 2,400円(税別) 8/8発売
仲屋まぶなりゃぬアヤグ(宮古島平良)/かにすまがま(宮古島平良)/みゃーくずつぬアヤグ(池間島)/貢織布納めぬアヤグ(宮古島平良)/平安名ぬまちゃがまぬアヤグ(宮古島平良)/佐良浜ぬはいま(伊良部島)/かなしゃがまアヤグ(伊良部島)/狩俣ぬいさみが(宮古島平良)/平安名ぬまむや(宮古島平良)/石嶺のあかう木(伊良部島)/根間ぬ主(宮古島平良)/なかやつぬかにく(伊良部島)/宮国ぬ姉がま(宮古島平良)/池ぬ大主豊見親(池間島)/伊良部若ぬちぃがに親ぬアヤグ(池間島)/家建てぃぬ唄(多良間島)/御船親ぬ妻保那恋ぬアヤグ(宮古島平良)/多良間ションカネ(多良間島)/子守唄「汝から母ホイヤー」(多良間島)/子守唄「我んが守り」(宮古島平良)/とーがにアヤグ(宮古島平良)/伊良部トーガニ(宮古島平良)/旅栄ぬアヤグ(池間島)/〈ボーナストラック〉SARAHAMA NU HAIMA Remixed by Mikio “Black Wax” & Makoto Kubota

●『かなす ヤイマ』
日本コロムビア COCJ-40466 2,400円(税別) 8/8発売
黒島口説(黒島)/うぶぬぴーだ(新城島) /いんきゃらぬ唄(石垣島白保)/真山節(西表島祖納)/豊年願い唄「今日ぬ日」/まんがにすっつぁ節(黒島)/安里屋ユンタ(石垣島石垣)/豊年願い唄「今日の誇らしゃ」(石垣島白保)/久高節(石垣島白保)/猫ユンタ(石垣島石垣)/丸間盆山節(西表島祖納)/正月ユンタ「世乞い」(黒島)/にうすいの唄(石垣島白保)/まへーらちぃトーシィ(石垣島石垣)/こいなーユンタ(石垣島石垣)/南七つん星(石垣島石垣)/二月(新城島)/しびらおーざ節(石垣島白保)/んざとーら(石垣島石垣)/離まーぬ前ぬ渡節(新城島)/結びぬ談合ま(竹富島)/中皿ぬ唄(波照間島)/種子取アヨー(石垣島白保)/弥勒節(西表島祖納)/やーらよー節(石垣島白保)/〈ボーナストラック〉INKYARA NU UTA Remixed by Makoto Kubota

●『ハイサイ!沖縄』
日本コロムビア COCJ-40467 2,400円(税別) 8/8発売
ハイサイおじさん(喜納昌吉と喜納チャンプルーズ)/海のチンボーラー〜赤山(山内昌徳)/前田節〜さふえん節〜稲摺節(嘉手苅林昌)/加那よー(大城美佐子)/山原ユンタ(山里勇吉)/ぼすぽう節(大工哲弘)/伊計離り節〜谷茶前(知名定男)/丘の一本松(糸数カメ)/海のチンボーラー〜赤山(糸数カメ)/黒だんど節<LIVE>(里国隆)/伊良部トーガニー<LIVE>(国吉源次)/戦後の数え唄<LIVE>(登川誠仁)/片思い(大城美佐子)/十九の春(知名定男・大城美佐子)/安里屋ユンタ(山里勇吉)/マミドーマ(山里勇吉)/野トゥバラーマ(山里勇吉)/宮古根〜汀間当(山内昌徳)/ちんぬくじゅうしい*(フォーシスターズ)/NAHKNY-TIIMATOH Remixed by Oorutaichi

長年沖縄と深い関わりを持つ音楽プロデューサーの久保田麻琴が、選曲&リマスターを手がけた民謡コンピ盤4枚が登場。『かなす ウチナー』『かなす ミャーク』『かなす ヤイマ』は、1965年にLP16枚組で発売された『沖縄音楽総攬』のマスター音源から未発表分も含めて収録したもの。『ハイサイ!沖縄』は、1970年代にルポライター・竹中労が’プロデュースした民謡作品集からの楽曲が中心だ。何れも貴重な音源満載で、民謡ファン必聴。