Today

2019年10月15日 火曜日

  • 旧暦 9月17日

多彩な琉球芸能をコメディ仕立てで 『五月九月(ぐんぐぁち くんぐぁち)』東京公演

琉球王朝時代の首里城を舞台に、古典舞踊、琉球古典音楽、雑踊、民謡、組踊など多彩な琉球芸能を取り入れ、コメディ調の爆笑物語に仕立てた舞台『五月九月』が、10/16(水)に東京の座・高円寺2で上演される。上演前には人間国宝(組踊立方)の宮城能鳳と、沖縄県立芸術大学講師の鈴木耕太による琉球芸能プレトークも実施。立方・地謡ともに実力派揃いの本格琉球芸能を、東京で鑑賞できるチャンスだ。沖縄でも来年2月に上演予定。

◆組踊上演300周年記念 琉球芸能江戸上り
『五月九月(ぐんぐぁち くんぐぁち)』東京公演
https://piratsuka.com/top/detail?id=574622#visited

立方:宇座仁一/当銘由亮/仲宗根弘将/砂川徳博/砂川政秀/比嘉大志
地謡:花城英樹/高宮城実人/與那國太介/平良大
プレトーク:宮城能鳳(人間国宝・組踊立方)×鈴木耕太(沖縄県立芸術大学講師)

脚本・演出:富田めぐみ
脚本監修:嘉数道彦
音楽監督:花城英樹
振付・演出助手:呉屋かなめ

日時:2019/10/16(水)15:00/19:00開演(開場は各30分前)
場所:座・高円寺2(東京都杉並区)
料金:一般前売4,000円/当日4,500円、学生前売2,500円/当日3,000円
問合せ:シアター・クリエイト TEL.090-3074-8295

タグ: