Today

2019年11月19日 火曜日

  • 旧暦 10月23日

箆柄暦『十一月の沖縄』2019 きいやま商店

《Piratsuka Special Interview》

きいやま商店
~石垣島で「きいやま農園ライブ」やるよー!~

故郷の石垣島を拠点に活動する「きいやま商店」は、兄のリョーサ、その弟のマスト、二人の従兄弟であるだいちゃんが、2008年に結成したエンタメユニットだ。「目指すはドリフターズ、夢は紅白歌合戦出場」を合い言葉に、ときにユーモラス、ときにハートフルな方言混じりの歌詞を、ロック、ラテン、ポップス、歌謡曲など多彩なサウンドにのせ、パワフルなパフォーマンスで披露。今年はコント舞台「きいやま商店大爆笑劇場」にも挑戦するなど、幅広く活躍している。

そんな彼らが2019年11月、地元の石垣島で主催する野外音楽フェスが「きいやま農園ライブ」だ。もともとは3人の親戚が所有する畑を会場に、2010年から始まった不定期イベントで、今回は3年ぶり、通算7回目の開催となる。回を追うごとに観客数は増え続け、今年は数千人が入場可能な「南ぬ浜町緑地公園」での実施が決定。「チケットは絶対に売り切れないので(笑)、沖縄本島や県外からもぜひ遊びに来て!」と熱くPRする3人に、本ライブの開催経緯や見どころを語ってもらった。

●スミオおじぃの一言で始まった農園ライブ

—-そもそも「きいやま農園ライブ」を始めたきっかけは?

だいちゃん 僕らの親戚で農業をやってるスミオおじぃに、「お前ら、うちの畑でなんかライブとかやってみないか?」って声をかけられたのが最初です。スミオおじぃは、僕らが「頑張れ!スミオおじぃ」って歌にもしてる人なんだけど(https://www.youtube.com/watch?v=DM3p79YUbp8)、当時は農業委員長とかやってて、「農地でライブやっても全然大丈夫よ」って言ってきて。じゃあやるか、ってことでやったんですけど、後で農業委員会からめちゃめちゃ怒られました(笑)。本当は飲食とか出したらダメなのに、出したりしたから。もうスミオおじぃの「大丈夫」が、世の中で一番信じられない(笑)。

マスト それで1回目と2回目は、スミオおじぃの農園でやったんです。初回は無料で、お客さんも200人くらいだったんだけど、2回目は会場に入りきれないくらい人が集まってきて。というのもその年は、BEGINが毎年やってる「うたの日コンサート」が石垣開催で、同じ日だったんです。もともと農園ライブは「うたの日」の翌日にやる予定だったんだけど、「うたの日」は当日に台風が来て、翌日に延期になったんですよ。最初は「うわ、(日程が重なって)最悪」と思ったけど(笑)、「うたの日」はわりと早い時間に終わって、僕らが「うたの日」のステージで「このあと農園ライブやります」って宣伝したら、お客さんがみんな農園ライブに流れてきたんです。

さらにお客さんだけじゃなくて、「うたの日」に出演していた南こうせつさんが「自分も地元で農園やってるけど、農園ライブって何?」って興味を持って見に来てくれて(笑)。で、こうせつさんが来てるって聞きつけた宮沢和史さんも来て、ステージで歌ってくれて、もう大盛り上がりでした。

それでその次は「もっと会場を広げなきゃ」ってなって、スミオおじぃの畑の隣の土地、おじぃの友達の“ウエタのおじぃ”って人の畑をスミオおじぃが勝手につぶして(笑)、そこでやりました。だから3回目までは本当に「農園ライブ」だったんです。4回目以降はイベント会場とか、小学校とかでやってました。

リョーサ 今回は南ぬ浜町緑地公園での開催ですけど、ここは本当に広いんですよ。たぶん5000人くらいは入る。市内からのアクセスもいいし、海の向こうなので大きい音を出しても大丈夫だし、ライブをやるには最高の場所ですね。

●石垣島の空気の中で聴く音楽は最高!

—-農園ライブならではの見どころは?

マスト 僕ら3人がずっと出っぱなしなことですね(笑)。僕らはもともと別々のバンドでボーカルをやってて(注:リョーサは「八重山モンキー」、大ちゃんは「BEE!BANG!BOO!」、マストは「ノーズウォーターズ」)、そっちの活動もきいやまと並行して続けてるんですが、その3バンドが全部出るっていうのが、農園ライブのもともとのコンセプトなんです。この3バンドをまとめて観られる機会は他になかなかないし、司会も僕ら自身でやるので、言ってみればファン感謝祭ですね。

だいちゃん あと、僕らをずっと応援してくれてる島の人への感謝の気持ちもあります。今の僕らがあるのは、島の人たちが応援してくれたおかげでもあるので。それに僕らは子どもの頃、島の先輩達がやってたバンドに憧れて音楽を始めたので、今度は僕らが島の子達に同じことをしてあげられたらなと。特に今年はゲストでかりゆし58と、大阪のエンタメ・ジャズバンドのCalmeraも来てくれるので、絶対面白いですよ! 僕らの頃は、プロのミュージシャンが石垣まで来ることはほとんどなかったけど、今はこういう機会も増えてきたし、島の若い子にはぜひたくさん見に来てほしいです。それもあって、入場料も大人は3000円ですけど中高生は500円(共に前売)、小学生以下は無料にしてます。内容的には、大人が3000円払ってもおつりが来るものにしてるつもりです。

リョーサ そしてもちろん島の人だけでなく、今まで石垣島に来たことのない島外や県外の方にも、このライブをきっかけに、ぜひ島に足を運んでほしいですね。たとえば沖縄本島に住んでる人って、石垣島って意外となかなか行かないでしょ?(笑) でも、島の空気の中で聴く音楽は、やっぱり他とはぜんぜん違いますから、それを味わってもらえたらと。しかも今回は会場が海のそばで夕陽も見られるし、絶対に楽しいですよ。那覇発着のオフィシャルツアーもあります。

マスト ちなみに前回の農園ライブのときは、「ホテルがなかなか取れない」って方がけっこういたみたいで。それで需要を見込んで、スミオおじぃがドミトリーを始めました(笑)。いや、マジで。

だいちゃん 僕らのばあちゃんが営んでた「きいやま商店」の建物をリフォームして開業したんだけど、観光シーズンで他のホテルが満室のときも、おじぃのドミトリーはガラガラ(笑)。農園ライブのときだけ満室になるんです。

マスト だって、一応オープンのお知らせは出してたけど、それが石垣の地元新聞なんだもん(笑)。島の人がドミトリーに泊まるわけないじゃないですか!(笑)

●それぞれのバンドがあって、きいやまがある

—-農園ライブでは、3人がそれぞれのバンドでも出演するわけですが、きいやま商店と各自のバンドの活動を並行して続けているのは、なぜですか。

マスト もともと3人とも「自分のバンドがあっての、きいやま」だったので。僕の場合、きいやまばっかりやってるとちょっとマンネリ化するというか(笑)、他の刺激も必要だし、ノーズウォーターズの活動は「自分の原点に返る」って感じですね。ノーズをやるとノーズの良さもわかるし、きいやまの良さももっとわかってくるので、時間があるときはなるべく活動するようにしてます。曲作りにしても、ノーズの経験があるからこそ、きいやまの曲が作れるというのもあるし。ちなみにきいやまでは、3人が別々に曲を作って持ち寄ると、それぞれのバンドの曲になってしまうので(笑)、きいやまの曲は3人で一緒に作ってます。

だいちゃん 僕のBEE!BANG!BOO!はホーンセクションのいる大人数バンドなので、メンバーの都合が合わせにくくて、なかなかライブができないんですよね。だからこそ、農園ライブのステージは貴重なんです。ライブ前はすごい練習しますよ、歌詞も忘れてるから(笑)。

マスト 僕もノーズでライブやるときは、本番3日前からカラオケボックスにこもって練習します(笑)。きいやまのライブは、何も練習しなくてもできるんですけど。ノーズはストイックに自分を鍛える場というか、そういう存在になってますね。

リョーサ 僕はまったく逆で、八重山モンキーは「がんばらず、無理せず、じいちゃんになるまで楽しく一緒にやろう」がコンセプト。メンバーはそれぞれソロや別ユニットでも活動してるから、そこでスキルが上がって、一緒にやると更にいいものが生まれるんです。きいやまではメジャーを目指してるけど、八重山モンキーは売れたいとかぜんぜん考えてないので、ラクです(笑)。

—-その3バンドときいやま商店に加えて、今回はゲストでかりゆし58と、大阪出身のエンタメ・ジャズバンドのCalmeraが参加しますね。Calmeraは、きいやま商店の「ハブとマングース」でアレンジと演奏をしているバンドだとか。

マスト どっちのバンドも僕ら、とっても仲良しなんです。フェスに一緒に出ると、彼らがきいやまのバックバンドをしてくれる(笑)。

リョーサ そんなずうずうしいことするの、きいやまくらいじゃないですか(笑)。Calmeraは今回が初の石垣島ライブ、かりゆし58も石垣島は7年ぶりって言ってたので、彼らも楽しみにしてると思います。

だいちゃん もちろん僕らも、彼らとの共演が楽しみです。ちなみにCalmeraとは農園ライブの後、11月下旬に東名阪を回る対バンツアーをやります(11/19(火)大阪・バナナホール、11/20(水)名古屋・ell.FITS ALL、11/22(金)東京・渋谷ストリームホール)。Calmeraの演奏はめちゃめちゃ上手で、しかもきいやまの音楽にすごく合うんですよ。絶対に盛り上がると思うので、こっちもぜひたくさんの方に観に来てほしいです!

きいやま商店(きいやましょうてん)

石垣島出身のリョーサ(崎枝亮作・写真右)、だいちゃん(崎枝大樹・同中央)、マスト(崎枝将人・同左)が2008年に結成。ユニット名は3人の祖母が石垣島で営んでいた店の名前。

◆きいやま農園ライブ
http://kiiyamanouen.net/

出演:きいやま商店/ノーズウォーターズ/BEE!BANG!BOO!/八重山モンキー/かりゆし58/Calmera
日時:11/16(土)14:00開場/15:00開演
場所:石垣島・南ぬ浜町緑地公園 特設ステージ
料金:一般3,000円/中高生500円/小学生以下無料(要保護者同伴・大人1名につき2名まで)

※那覇発着オフィシャルツアー
https://www.5454.co.jp/kiiyamalive/

◆Calmera×きいやま商店 チャンスdeカーー二バレTOUR 2019
http://kiiyama.jp/archives/4160

【大阪】
日時:11/19(火)18:30開場/19:00開演
場所:バナナホール
問合せ:キョードーインフォーメション TEL.06-7732-8888

【名古屋】
日時:11/20(水)18:30開場/19:00開演
場所:ell.FITS ALL
問合せ:サンデーフォークプロモーション TEL.052-320-9100

【東京】
日時:11/22(金)18:30開場/19:00開演
場所:渋谷ストリームホール
問合せ:ホットスタッフ・プロモーション TEL.03-5720-9999

※料金はすべて大人4,000円/小学生以下2,000円(当日各500円増、1ドリンク別途)、3歳以下無料