Today

2019年12月03日 火曜日

  • 旧暦 11月7日

Okinawa New Release!

◆池田卓『不便が残してくれたもの 西表島・船浮からのメッセージ』
ボーダーインク 2020/3/1発売 1,870円(税込)

西表島の中でも秘境といわれる船浮出身&在住のシンガーソングライターによるエッセイ集。「無いものねだりより、あるものに感謝する」という姿勢から生まれる、自然と共に生きる「豊かな暮らし」のあり方を綴る。

◆久万田晋・三島わかな編『沖縄芸能のダイナミズム 創造・表象・越境』
七月社 2020/4/15発売 2,800円(税別)

島々に伝わる民俗芸能、首里王府で育まれた宮廷芸能、明治以後に生まれた大衆芸能。多彩な沖縄芸能が300年という歴史の中でどのように変容し伝播していったのか、若手研究者らがさまざまな角度から考察する。

◆『沖縄の戦後を歩く そして、地域の未来を考える』
沖縄しまたて協会 2020/3/31発売 1,800円(税別)

まちを歩き記録する「NPO法人おきなわある記」が、地元を知り尽くした案内人とともにその地域を歩き、地域の暮らしや戦後復興の物語を聞き取ったまち歩きレポート集。手描きマップやコラム、古写真などの資料も充実。

◆むぎ(猫)『窓辺の猫 e.p.』
SPEEDSTAR RECORDS 2020/9/9発売 通常盤VICL-65415 1,600円、初回盤 VICL-65414 3,000円(各税別)

歌って踊ってマリンバを叩く天国帰りの猫が2枚目のEP盤をリリース。つじあやの(vo)とのハーモニーが心地よい表題曲をはじめ、ロック調、沖縄テイスト、中華風など、バラエティ豊かで楽しさあふれる5曲を収録。

◆六人組『1984-88』
SUPER FUJI DISCS FJSP394 2020/7/22発売 2,500円(税別)

1984年に結成され、沖縄音楽とポップスをいち早く融合したサウンドで全国的に注目を集め、メジャーデビューが内定するも諸般の事情で実現せず、88年に解散した伝説のバンドの音源が36年ぶりに初CD化。監修は久保田麻琴。

◆『三線で聴きたい弾きたい 愛と希望のうた BEST18』
リスペクトレコード RES-328 2020/8/5発売 2,500円(税別)

コロナ禍の今だからこそ聴きたい、心に響く歌を三線のみで演奏したインスト集。新旧J-POPの人気曲を中心に、フォークソングや喜納昌吉の「花」、洋楽なども含む全18曲を収録しており、三線の豊かな響きが楽しめる。