'下地イサム' の記事一覧

フラメンコと宮古方言がコラボ! ライス・デ・イエルバ那覇公演

スペイン語で“草の根”を意味する「ライス・デ・イエルバ」は、ギターの西井顕司とダンサーの須永実季による本格フラメンコデュオ。沖縄を拠点に全国で活躍する彼らが、11/18(日)に3名の実力派プレイヤー(dr/b/vn)を伴

年末の桜坂劇場で、比屋定篤子、下地イサム、新良幸人らがライブ

ここ数年は毎年恒例となっている那覇・桜坂劇場の年末ライブシリーズが、今年もおなじみの顔触れで開催決定。12/23(日)はシンガーの比屋定篤子とギタリスト・笹子重治、12/28(金)は宮古方言シンガー・下地イサム、12/2

箆柄暦『十月の沖縄』2018

故郷・宮古島の方言(ミャークフツ)で書いた歌詞を、ロック、フォーク、ジャズ、ラテンなどの洋楽サウンドに乗せて歌うシンガーソングライター、下地イサム。八月にはライブでの人気曲を集めたセルフカバー集『MARKING OUT』

下地イサム 『MARKING OUT』

デビュー17年目に入った宮古方言シンガーが、これまで発表した作品の中から「今後も歌い継いでいきたい16曲」を選びぬき、セルフカバーしたベスト盤。ライブで磨かれてきた名曲の数々が、年月を重ねて渋みを増した歌声と研ぎ澄まされ

箆柄暦『三月の沖縄』2018

箆柄暦『三月の沖縄』2018 2018年3月1日発行/179号 箆柄暦-SINCE2003- 創刊15周年記念 ぴらつか音楽祭2018 ナハ編・コザ編 陽春ぬ宴 響ましょうら やいまうた〜大工哲弘・苗子うた会 堀内加奈子